姿勢矯正ガイドホーム

姿勢矯正ガイド

姿勢が悪いということで悩んでいる方は、案外多いのではないでしょうか?その中でも特に、座っている時の姿勢が悪いという方が多いような気がします。立っている時や歩いている時の姿勢は問題ないと思っている方も、無意識のうちに右足や左足の片方に体重をかけるのがクセになっていたり、猫背になっているという方がいらっしゃいます。

姿勢が悪いということは、見た目がだらしなく見えると言うだけでなく様々な問題を引き起こすことがあります。最も大きな影響が出るものが、関節の痛みなどになるのではないでしょうか。

悪い姿勢は背骨に負担がかかってしまい首を痛めたり、腰を痛める原因にもなります。また、股関節や膝などの下半身にも大きな影響を及ぼします。姿勢が悪いということは、全身で受け止めるはずの体重をうまく分散させられていないということになります。無理な姿勢を続けていくことによって、その影響が身体の節々に痛みとなって表れるのです。

特にデスクワークをする際には姿勢に気を付けましょう。座り方が悪いと肩が凝ってしまったり、無意識にパソコンに近づいてしまって目の疲労や視力の低下につながることもあります。座っている時に背骨を圧迫すると、偏頭痛の原因ともなります。

その上、座り方や立ち方が悪いと筋肉が正しくつかないために基礎代謝が低下して太りやすくなります。1日2日姿勢が悪くても身体に影響を及ぼしません。しかしその悪い姿勢の積み重ねによって徐々に身体に悪影響を及ぼしているのです。

このように、姿勢が悪いと身体に悪い影響しか与えません。長年続けてきた悪い姿勢をいきなり変えるのは難しいかもしれませんが、当サイトをご覧いただいたのをきっかけに姿勢を正していきましょう。

姿勢矯正ガイドでは、現在の悪いクセを治すために様々な姿勢矯正の方法を紹介させていただいております。姿勢が悪いと思っている方は、当サイトをご覧いただいて少しでもその悪いクセを改善していきましょう。